銀行カードローンとの正しい付き合い方とは

あなたは「ローン」と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
「ローンってようするに借金のことでしょう、あまりいいことではないのでは?」
「怖い兄ちゃんの取り立て、しつこい督促、恐ろしいイメージしかないよ」
「借金地獄という言葉があるくらいだから、かかわりたくないね」
このような考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ローンは決して「怖い」ものではありません。
手元にあるお金が不足する場合、高額の商品を買いたいけどどうしてもお金が足りない場合。
ローンを上手に利用することで、日常生活のピンチを乗り切ることができるだけでなく、人生そのものを裕福にすることも可能です。

 

ローンを取り扱っている会社には、様々な先があります。
その中でも、一番身近な存在が「銀行」です。
普段の生活でも利用する機会の多い銀行では、様々なローン商品を取り扱っています。

 

銀行が取り扱うローンは、大きく2つに分けることができます。
「目的型」「非目的型」の2です。
「目的型」とは、申込の際にあらかじめ借りるお金の使い道(資金使途)を指定しておきます。
申込時には、その目的を確認できる書類(請求書や商品パンフレットなど)を提出し、審査に合格してお金を借りることができれば、そのお金は指定した資金使途通りに利用しなければいけません。
万が一他の目的に利用した場合には、一括返済を請求されるだけでなく、契約違反として違約金を請求されることもあります。

 

「非目的型」とは、申込の際には資金使途は特定されません。
審査に合格すると、借りたお金は申込者の裁量次第で自由に利用することができます。
ギャンブルや株式投資などの投機資金としての利用は多くの先で禁止されていますが、ある程度自由度の高い商品が多くなっています。

 

自由度が高い分「非目的型」は「目的型」に比べて、適用金利が高くなっています。
利用する側としては、自分の状況に応じて使い分けを行うことが必要でしょう。
あらかじめ「何に使うのか」がはっきりしてして、そのことを証明できるのであれば「目的型」。
「何に使うのか」が漠然としている場合、もしくは証明することが難しい場合には「非目的型」。
その他の様々な要因を考慮して、上手に使い分けを行うようにしましょう。

 

「非目的型」ローンの代表が「カードローン」です。
その名の通り、借入には専用のカードを使用します。
申込を行い審査に合格すると、借入専用のカードが発行されますので、そのカードをATMやCDに投入して、現金を引き出すことで借入を行います。
ATMとは「現金自動受払機」の略で、現金の入金・出金ともに行うことができます。
CDとは「現金自動支払機」の略で、現金の出金はできますが、入金はできません。

 

最近では、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むサービスが付帯したカードローンも増えてきています。
インターネットや電話などで借入を申し込むと、時間帯にもよりますがその日の内に口座に融資金が振り込まれます。
わざわざATMなどに赴く必要がありませんので、多忙な方には非常に便利に利用することができるでしょう。
「今日は家賃の支払い日だったのに銀行に行く時間が無い!」といった場合には活躍しそうです。
通常は振込手数料が無料ですので、費用負担を心配する必要もありません。

 

カードローンでは、借入可能な「借入限度額」が設定されています。
「借入限度額」に空き枠があれば、その範囲内で自由に借入を行うことができます。
毎月の返済により徐々に空き枠が出てくるでしょうから、その空き枠はいつでも借入可能な金額となります。
つまり「1回借りただけでカードローンの役目は終わり」ではなく、何度でも追加で借入を行うことができるのです。
この「追加融資が可能」というのが、カードローンの最大の特徴です。

 

銀行カードローンとその他のカードローン(消費者金融や信販会社)と比較

銀行のカードローンは、その他のカードローン(消費者金融や信販会社)と比較して、次のような特徴があります。
自分の生活スタイルや、今後の人生設計に応じた使い分けを行うようにしましょう。

 

あなたの状況に合った借入先を探すには下記サイトが役に立つかと思います。
【即日】お金を借りる方法|最短・今すぐお金が必要な方へ

 

@金利が低い

 

消費者金融などのカードローンに比較して、低金利の商品が多くなっています。
一般的にカードローンの金利は、一定の幅を持たせて案内を行っています。
例えば「実質金利4.8%〜15.0%」と表示されており、4.8%が最下限金利、15.0%が最上限金利となります。
4.8%で借りることができる方もおれば、15.0%で借りなければいけない方もおられるということです。

 

消費者金融カードローンの最上限金利は、15.0%〜18.0%の先が多くなっています。
一方銀行カードローンの最上限金利は10.0%〜15.0%の先が多くなっており、比較的低金利で利用できるといってよいでしょう。
最下限金利では2〜3%台の商品も登場しており、さらに低金利で借入することも可能です。

 

低金利は、最近人気の出てきた「ネット銀行」のカードローンで顕著にみることができます。
有人店舗を持たない「ネット銀行」では、人件費・店舗管理費などの経費を削減できる分、低金利のローン提供が可能となっています。
申込から借入、返済まですべてインターネットを利用できますので、非常に便利に手続きを行うことができます。

 

A高額融資が可能

 

銀行は消費者金融などの融資専門の金融機関ではありません。
顧客から「預金」を集めて、その資金を「貸金」として運用しています。
消費者金融などの融資専門の金融機関とは、融資金の出所が異なるのです。
資金量の多さから、銀行カードローンの借入限度額は、高額設定先が多くなっています。

 

消費者金融カードローンの最大限度額は500万円前後の先がほとんどです。
一方銀行カードローンの最大限度額は800万円〜1,000万円前後の先が多くなっており、条件次第で高額融資を受けることも可能です。

 

さらに銀行では「有担保」カードローンを取り扱っている先もあります。
不動産などを担保に入れることにより、低金利かつ高額限度額のカードローンを提供しています。
5,000万円〜1億円の借入限度額の商品も登場しており、高額の資金が必要な場合に利用することができます。

 

また、銀行カードローンは、改正貸金業法の「総量規制」の対象外です。
年収の3分の1という制限がありませんので、高額融資を受けることも可能になっています。
年収の縛りがありませんので、パートやアルバイト、学生の方でもある程度の借入を利用することもできるでしょう。

 

B審査が厳しい

 

一般的に銀行融資は「審査が厳しい」といわれています。
消費者金融などの金融機関に比較すると、一段階厳しい審査基準を設けています。
銀行カードローンで合格できなかった方でも、消費者金融では合格できた、という事例もたくさんあります。
とくに他社で既に借入を利用されている「複数債務者」にとっては、審査結果は厳しいものになるでしょう。

 

バブル経済崩壊以後、銀行は長い間不良債権問題に苦しめられてきました。
その理由の一つが「審査のずさんさ」にあったといわれています。
曖昧に審査を行った結果、返済能力を考えずに過剰に融資を行ったため、回収不能となった貸出金が多発したのです。
現在不良債権問題も一段落しましたが、同じ失敗を繰り返すわけにはいきません。
銀行独自の審査基準で、利用者の返済能力を厳しく判断しています。

 

ただし、銀行カードローンが決して借りにくいというものではありません。
返済能力に問題がないと判断されると、むしろ積極的に(しかも低金利で)貸出を推進してくれます。
厳しい審査基準とは、同時に自分の身を守ってくれるものであるとも考えられるでしょう。

 

冒頭で「ローンのイメージはあまりよくない」という方が多いと説明しました。
しかし、上手にカードローンを利用すれば、決して怖いものではありません。
とくに普段から利用する機会の多い銀行カードローンであれば、安心して利用することができるのではないでしょうか。

きちんとした返済計画を立てることで、上手に銀行カードローンを活用しましょう。